Top >  子供の乾燥肌 >  乳幼児の湿疹と乾燥肌

乳幼児の湿疹と乾燥肌

乳児脂漏性湿疹と乾燥湿疹
乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)は、 生まれたばかりの赤ちゃんによくみられる症状です。 原因は、赤ちゃんが母親の体内にいた時のホルモンの影響で 皮脂の分泌が活発になっていることと考えられます。髪の毛の生え際や、眉毛の生え際、口の周りや頬、あご、首周りなど、皮脂分泌の多い場所にでき、見た目の特徴としては、黄色いベタベタした湿り気のあるかさぶたが出来ます。

皮脂分泌が活発でおこる湿疹なら乾燥肌とは関係なさそうに思われますが、実は乾燥肌が原因で、肌をかきむしった後の傷に出来てしまう乾燥肌のかさぶたというのも、この乳児脂漏性湿疹に混ざってしまっていることがあるのですね。

こうなると少々やっかいなことで、母親の女性ホルモンの影響による皮脂分泌の乳児脂漏性湿疹だと勝手に思い込んでそのケアをすると、乾燥によってかきむしった傷を悪化させることになる可能性があるのです。ですから、湿疹が目立って、どうも赤ちゃんが不機嫌でぐずるようなら病院でお医者様に診断してもらうことも必要です。

乾燥肌に効くと評判の化粧水は、

ライスフォース

酒粕でしっとり美肌化粧水 New!

ヤクルトの保湿化粧品


ネットで良く検索される人気「乾燥肌」関連検索ワード(PR)

乾燥肌 対策

乾燥肌 化粧水

赤ちゃん 乾燥肌


肌トラブルでお悩みの方へ


子供の乾燥肌

関連エントリー

子供の肌は乾燥しやすい 子供の乾燥肌とアトピー 赤ちゃんの乾燥肌の原因 乳幼児の湿疹と乾燥肌 子供の乾燥肌ケアの食べ物


   
乾燥肌ケア
乾燥肌の化粧品
乾燥肌 対策
子供の乾燥肌
乾燥肌向け食べ物
乾燥肌 化粧品 ランキング
関連リンク
 
更新履歴