Top >  乾燥肌向け食べ物 >  乾燥肌対策の食事メニュー

乾燥肌対策の食事メニュー

美味しく食べて乾燥を防ぐ
 乾燥肌対策として、化粧品やクリームなどによる肌の保護はもちろんですが、乾燥に負けない肌作りとして食事も大切です。乾燥肌の原因は、角質層からの過剰な水分の蒸発ですから、これを防ぐ栄養成分にはセラミド、ビタミンA(レチノール、カロテン)が挙げられ、また肌のかさつきを予防する栄養成分には脂質が挙げられます。

しかしノルマのようにこれらの成分を摂取するという食事では楽しくないし、美味しく感じられません。大切なのは、それらの栄養成分をストレスがたまらないような環境で美味しく気持ちよくいただくことですね。ではこれらの成分は具体的にどのような食事メニューから摂取すればよいのでしょうか?

効果的な食事メニューをバランスよく
乾燥肌対策の保湿力アップに不可欠なセラミドは30代後半から減少しますから、大豆、ヨーグルトなどの身近な食物から積極的に摂りたいですね。
ヨーグルトでしたら、朝食や昼食の時に手軽に食べることができます。また、カサカサした皮膚を予防するレチノールは、牛乳、バターなどの乳製品、卵から手軽にとれます。

カロテンを含む緑黄色野菜には、にんじん、かぼちゃ、パセリ、ほうれん草などがありますから、温野菜にしてたっぷり食べるとよいでしょう。脂質は、肉類、卵、乳製品などから摂れますが、ナッツ類を食べるのが簡単です。しかしあくまでも脂質は脂質ですから、お肌はしっとりしても体重が増えてしまったら困ります。くれぐれも食べすぎには注意です。ですからバランスよくが大切ということですね。

  

乾燥肌に効くと評判の化粧水は、

ライスフォース

酒粕でしっとり美肌化粧水 New!

ヤクルトの保湿化粧品


ネットで良く検索される人気「乾燥肌」関連検索ワード(PR)

乾燥肌 対策

乾燥肌 化粧水

赤ちゃん 乾燥肌


肌トラブルでお悩みの方へ


乾燥肌向け食べ物

関連エントリー

乾燥肌に効く栄養素 乾燥肌のサプリメント 子供の乾燥肌ケアの食べ物 乾燥肌対策の食事メニュー


   
乾燥肌ケア
乾燥肌の化粧品
乾燥肌 対策
子供の乾燥肌
乾燥肌向け食べ物
乾燥肌 化粧品 ランキング
関連リンク
 
更新履歴